読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sui

あまつき

「大江戸幕末巡回展」が本当にあったら絶対行きたいだろうなあ。
江戸時代のあやかしモノ、という好みの設定。途中まではおもしろく見てたハズなんだけど、最終回が、「で?ここで終わりってどゆこと?」みたいなことになっててちょっとがっかりだな。EDでちょこちょこ見せてくれたところで、紺は逃げてるだけ、みたいな。銀朱あの後どうなったん?とか気になるだろう色々と。藍鼠というキャラは何のために出てきたのですかー?と聞きたくなるような扱い方でこれも気になった。原作ではきっともう少し絡んでくると思うんだよね、あの登場の仕方だと。原作読むか。蘇枋のことも全然わかんなかった。というか13話かけても鴇のこともあんまわかってないw
個人的には紺と梵天が好きです。性格的な感じで。決して中の人のせいではない。断じてない。(中の人なら鴇を選ぶハズだー><)鴇は天然タラシすぎて、結構びっくり。朽葉とか真朱とかに対する態度とか言葉がタラシすぎて。争いごとを好まない性格的に、ああいう態度になってしまうのはわかるんだけど、免疫がない人(朽葉とかw)には効果あるよねーw紺はなんというか粋な感じのところが好きで、梵天は見た目ですw