読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sui

薄桜鬼 碧血録

アニメ2期。分割2クールの2クール目。
史実でも新撰組の面々は幕末の動乱の中亡くなっていき、組を離れていき、というのはわかりきっていることだけど、オシキャラの最後のシーンはやっぱりガツンとくるというか、すごい悲しいというか(´;ω;`)平助と山南さんの最後のシーンも、沖田の最後のシーンも、悲しいなあ。見れば見るほど、このタイトルは土方のものであって、ゲームで羅刹になった斎藤さん含む3人はまだしも、全く羅刹にならない左之さんって…みたいな気持ちになるよねぇ。あっ!だから左之さん扱い悪いんだ!wwでも!でもでも!!よく考えてみて!!!羅刹にならない=自分の命を削らない、という左之さんと一緒になるのが一番幸せだと思うよ>千鶴。
アニメの話で考えると、新撰組と出会ってからの千鶴の日々の中で、土方さんを好きになる要素ってどこなんだろう?と不思議に思うんだけど。オシとか抜きにしても、原田・永倉・藤堂辺りをわたしなら選ぶ。そうでなければ斎藤さん。あくまでアニメのストーリーで考えたら、だけれど。攻略キャラがいなくなって、千鶴と離れて、その大切さに気付いたのか、いきなりラスト2話でデレたって遅いって、土方さん!でも千鶴には最初から土方さんしか目に入ってないよね〜。洋装になって初めてみんなと会った時の千鶴は、土方さんだけ髪切ったこと気付いてたもんなー。みんな髪切ってますけどwwwwとつっこんだら、コメンタリーで森久保さんだか鳥海さんだかもつっこんでたww平助も土方さんばりの超ロングなポニテだったんだけれど…恋は盲目><あの洋装シーンの一くんがものすごいテクニック発揮しててビビる。ボタンの掛け違え。全く隙がない斎藤さん唯一の隙。これは鬼キュンだわぁ。
今回もコメンタリーめあてで見たようなところがありますけれど、遊佐さんは原田・永倉が離隊していく回のみでした。薄桜鬼のコメンタリーは基本みんな画面見てそれに沿うような会話をしている事が多いけれど、遊佐さんはフリートークがメインだよ!!www(でもそこが好きっ><)(そして自分大好きな遊佐様が好きっ><)